<< 無理 | main | 言葉 >>
0
    交流分析
    深くきちんと学んでいる訳では決してありませんので、大きな事は言えませんが…


    交流分析とは、アメリカの精神科医エリック・バーンが考案した心理療法のひとつ。
    交流分析は、自分自身のことや、人と人との間で何が起こっているのかを知りたい人に役立つ…らしい。

    具体的に、人には5つの面(自我)があるといわれていて、交流分析のエゴグラムは自己分析の方法として使われていて。
    今回、ILPにも取り入れてみた。
    自己理解を深める事は本当に大事。

    グラフに表す方は数百種にもなるのだけど、代表的な型8型のうち、私は"苦悩型"!Σ( ̄□ ̄;)

    …いや、これは良し悪しを見極める分析ではない。

    苦悩型の特徴の通り、客観的に見よう。
    | - | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cil-csp.com/trackback/3351
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE