<< モテ期ならぬステ期 | main | 時間銀行 >>
0
    サラリーウーマン
    医学モデルと社会モデルが話題になった席で。
    当事者の親御さんが「(今はすとんと落ちているけど)社会モデルという言葉が出始めたとき、自分がしてきたこと(お子さんに対する懸命なリハビリ)を否定された気持ちだった」と。

    外に出ると、色々と複雑な心境になることもしばしば。
    なかなか全てを吐露してもいないけど、内と外に板挟みな感覚にもなる。

    これが"サラリーマン"かー。

    | - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cil-csp.com/trackback/3249
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE