<< 考える | main | 人間だもの >>
0
    怖い
    ルーツをたどる旅。
    ここに来て、知らない一面を垣間見る。

    人間、いろんな顔を持っていて、自分に見せている顔が全てではない。
    (相手によって言ってることが180度違う、矛盾を感じるってのは、個人的にはワーストくらいで、信用ならないが。(特に仕事上では))

    どうしても見える(人から聞く)所だけで判断してしまうけど、見えない所で何をしているかの方が大きい。
    そこを知ろうとする前に攻撃するのも人間である。

    物体は分子から成り立っていて、それは肉眼では見えない。
    でも、地球上で置き換えると、地球(=物体)で、それを成り立たせているのが人間(=分子)
    よく勘違い(…ではないけど)するのは、自分中心に考えがち。
    でも逆に人からすれば、自分は惑星に置き換えられる(その人の周りをまわっている人)ということ。
    …そんな本を今読んでいるので(笑)

    でも、なんだか怖いなぁ…。
    | - | 13:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    『誰の存在だって取るに足らないけど、誰かの世界はそれがあって作られる』って好きな歌の詩があります。
    あぁ、確かにそうだなあ、と。
    若い頃ですが、当時の胸のつかえがひとつすとんと降りたような、そんな言葉でした。
    | スナフキン | 2017/12/30 3:14 AM |
    (^_^)スナフキンさん♪
    ありがとうございます☆
    ちなみに読んでた本は「君たちはどう生きるか」
    そうですね、ひとりひとりはちっぽけだけど…
    深い!
    | ちはる | 2018/01/05 8:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cil-csp.com/trackback/3133
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE