<< 永遠なもの | main | 都会と田舎 >>
0
    分からぬものは分からぬ
    今日は10月11日かぁ…。
    早い。
    車の中でチラ見したテレビでは、「今年流行ったこと」なんてフレーズも出てた。
    そっかー…あと三ヶ月切ったもんなー。

    学校は、文化祭シーズン。
    今年もお招き頂いている。

    そして、イベントの秋。
    行事たくさん。
    土日なし(笑)

    そんなんで雪のちらつく季節になっちゃうんだろうなぁ。

    今年は知的の障害ある人達にも関わる機会がさらに多くなった。
    でも、ちょっとほっこりするのが、何かのアプローチによって安定してきたり、できるようになったりする“成果”があること。
    そこに到達するまでには試行錯誤なんだけど。
    しかも、それがゴールではないし。

    難しいのが、本当に障害によって異なること。
    身体の障害者に対して、成果を追求するとそれは管理になってしまう。

    身体障害と思っていても、精神や発達障害が伴っていたり。

    精神や発達障害のある方に対しての配慮も、相手の受け取り方次第。
    配慮なのに「排除だ!」と言われてしまうことも。

    社会で生きていく中で、社会性をどこまで求め、それが本当に求めて良いものなのか。
    …わからん。

    考えすぎて潰れた支援者もいっぱいいる。
    そうなってはダメだしねぇ。

    | - | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cil-csp.com/trackback/3055
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE